ピンボール HiAmmoAria

AI IoT

icon
誰でも画像を編集したり3Dオブジェクトを作成できる:

Stability AIは、同社の生成AI技術を活用した企業向けサービスとして、写真の空を置き換える「Sky Replacer」や3Dオブジェクトを自動生成する「Stable 3D」のプライベートプレビューを発表した。

(2023/11/18)

icon
Pythonデータ処理入門:

NumPyとMatplotlibを組み合わせ、データセットに含まれているデータがどのような分布になっているかを可視化してみましょう。新たな知見が得られるかもしれません。

(2023/11/17)

icon
やさしいデータ分析:

データ分析の初歩から応用まで少しずつステップアップしながら学んでいく連載の第11回。グラフを利用して分布や項目同士の関係を多角的に可視化します。ピボットテーブルの詳細な取り扱いとヒートマップによる視覚的な分析について、ケーススタディを通して学びましょう。

(2023/11/16)

icon
キーワードは「投資の保護」「ビルダーの台頭」「価値のデリバー」:

ガートナージャパンは、2024年に企業にとって重要なインパクトを持つ「戦略的テクノロジーのトップトレンド」を発表した。企業のCIOは、これらのトレンドが自社のビジネスにどう影響するか評価すべきだとしている。

(2023/11/15)

icon
カスタマーサービスやサポートに求められる対応とは?:

Gartnerは、Z世代とミレニアル世代の顧客は問題のセルフサービス(自己解決)を好み、サービス担当者に連絡したがらない傾向があるとした上で、今後の顧客基盤の中心となる若年層にふさわしいカスタマーサービスやサポートの在り方を解説した。

(2023/11/14)

icon
製品データを入力するだけで生成可能:

矢崎総業とNECは、ワイヤーハーネスを製造するロボットの動作プランをAIで自動生成する実証実験を実施した。技術者が40日かかっていた作業を1日に短縮できたという。

(2023/11/14)

icon
解決!Python:

print関数ではfileパラメーターにファイルオブジェクトを指定することで、ファイルへテキストを出力できる。その方法とwriteメソッドとの違いなどについて紹介する。

(2023/11/14)

icon
lowRISC、Antmicro、VeriSiliconが協力:

Googleは、安全でスケーラブル、透明、効率的なAIシステムの開発を加速させるオープンソースフレームワークの開発プロジェクト「Project Open Se Cura」を立ち上げたと発表した。同社内で「Project Sparrow」と呼ばれていたものだ。

(2023/11/13)

icon
AI・機械学習の無料電子書籍:

東京大学/京都大学の授業で使われている『Pythonプログラミング入門』/『プログラミング演習 Python』教材の電子書籍が無料で読める。他のお薦め教材として『Pythonチートシート』と『初心者向けTellus学習コース』も紹介する。2023年11月の最新情報にアップデート。

(2023/11/13)

icon
「LLMを使わないソフトウェアの構築とは根本的に異なる」:

GitHubは、LLMアプリケーションを構築するために知っておくべき5つのステップを公式ブログで紹介した。

(2023/11/09)

icon
「今の取り組みが未来の自社にどう貢献するのか」を明確に:

ガートナージャパンは、国内企業のDX推進技術の導入状況に関する調査結果を発表した。それによると最も導入されているDX推進技術は「IoTプラットフォーム」だった。

(2023/11/09)

icon
基本の徹底が重要:

セキュリティ企業ESETは公式ブログで、大規模言語モデル(LLM)のセキュリティやプライバシー上の主なリスクを5つ挙げ、企業がこれらを軽減するためにすべきことを概説した。

(2023/11/09)

icon
AI・データサイエンス超入門:

生成系AIの導入が急速に広がる今、その有用性や活用法が気になる方へ。一例としてプログラミング不要で、“会議の議事録を基に質問に答えてくれる「独自のチャットAI」”の作成を試みます。社会人の目線で、実践的な生成系AIの雰囲気をつかみましょう!

(2023/11/09)

icon
NVIDIA H100 Tensor Core GPU搭載インスタンスを提供:

AWSは、「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)の新しい利用モデルである「Amazon EC2 Capacity Blocks for ML」の一般提供を開始した。

(2023/11/07)

icon
解決!Python:

文字列のisupperメソッド/islowerメソッドを使って、文字列が大文字だけで構成されているか、あるいは小文字だけで構成されているかを調べる方法と考慮点を紹介する。

(2023/11/07)

icon
AIプラットフォームが近い将来に最大のカテゴリーに:

IDCによると、世界のAIソフトウェア市場は2022年の640億ドル規模から年平均31.4%のペースで成長し、2027年には約2510億ドル規模に達する見通しだ。

(2023/11/06)

icon
対話システムの歴史から見たChatGPT(2):

ChatGPTを対話システムと見なし、これまでの対話システムで用いられてきた技術との違いを整理しながら、どのようにして人間のような自然で流ちょうな対話が実現できているのかを解説する本連載。第2回は、第1回で取り上げた対話システムを中心に、用いられている言語理解の技術について解説する。

(2023/11/06)

icon
ブレインコンピューターインターフェースの足掛かりに:

Metaは脳の活動を基に脳が認識している画像をリアルタイムで再構成するAIシステムの開発進捗を同社の公式ブログで紹介した。システムは、非侵襲的神経画像技術である脳磁図法(MEG)を使用して、脳内の視覚表現の展開を解読できるという。

(2023/11/04)

icon
5歳と8歳も夢中:

「スイカゲーム」の大ヒットは、派生ブームにこそ、その楽しさが詰まっているように感じます。

(2023/11/02)

icon
AI・機械学習の用語辞典:

用語「幾何平均」について説明。幾何平均はデータの各数値を掛け合わせた積のn乗根(nはデータ数)を取った値を表す。時間に応じて変化する変化率/比率/倍率のデータ(=乗算後に累積される乗法的なデータ)を平均する場合に適した平均の計算方法だ。

(2023/11/01)

icon
オープンソースの8Kテキスト埋め込みモデル:

Jina AIは、8192トークンのコンテキスト長をサポートするテキスト埋め込みモデル「jina-embeddings-v2」を発表した。

(2023/10/31)

icon
解決!Python:

not演算子を使って整数の0と1を反転する方法と、~演算子を使ってビット幅で0と1を反転する方法を紹介する。

(2023/10/31)

icon
「日本企業は潜在的な可能性と活用用途を探るべきだ」:

IDC Japanは、生成AIの取り組みに関する国内と世界の企業ユーザー動向調査の比較分析結果を発表した。世界では、カスタマーサービス部門への影響を想定する割合が国内よりも高く、社内外の事業領域に対して幅広く生成AIの利用を検討していた。

(2023/10/30)

icon
「生成AI対応アプリ、基盤モデル、AI TriSMが大きな影響を与える」:

Gartnerは、2026年までに企業の約80%が生成AIのAPIや生成AI対応のアプリケーションを導入するという予測を発表した。あわせて今後10年間で組織に影響を与える生成AIハイプサイクルも公開した。

(2023/10/30)

icon
Deep Insider's Eye 一色&かわさきの編集後記:

かわさきからは「人は流れに乗ればいい」(シャア・アズナブル)やダイエット進捗について、一色からは「連載企画の状況や思ったこと」について書きました。

(2023/10/30)

icon
AIに目的のコンテンツを生成させるには:

Microsoftは公式ブログで、効果的なプロンプトを作成し、生成AIの可能性を引き出す25のヒントを紹介した。

(2023/10/27)

icon
Pythonデータ処理入門:

データセットがどのような特徴を持つのか、その基本は最大値/最小値/平均値/中央値/最頻値/標準偏差などの基本統計量を使って調べられます。実際のデータを使って、これを体感してみましょう。

(2023/10/27)

icon
やさしいデータ分析:

データ分析を初歩から学ぶ連載の第10回。グラフを使って集団の特徴や外れ値を可視化します。ヒストグラムや箱ひげ図の作成方法と、ピボットテーブル/ピボットグラフによる視覚的な分析のコツを、ケーススタディを通して学びましょう。

(2023/10/26)

icon
「Neo4j」「LangChain」「Ollama」とともに発表:

Dockerは「GenAI Stack」を発表した。生成AIによるアプリケーション開発に必要な開発環境が、Dockerコンテナを通じて連携可能な状態で提供されるものだ。「GenAI Stack」の概要や入手方法などを紹介する。

(2023/10/25)

icon
組織の誰もがデータにアクセス、共有できる統合環境:

Amazon Web Services(AWS)は、新しいデータ管理サービスである「Amazon DataZone」の一般提供を発表した。これは組織内のデータをカタログ化、発見、分析、共有、統制できる共通基盤サービスだ。

(2023/10/25)

icon
「生成AIに指示してテキストを作成する」というニーズは1割以下:

ノークリサーチは、データ分析や生成AIの業務アプリケーションでの活用に関する分析結果を発表した。生成AI活用では「AIチャット」と「自動生成機能」を分離し、「指示方法に選択肢を与えることが重要だ」としている。

(2023/10/24)

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。